RSCN6789

症例紹介 猫の尿道閉塞、会陰尿道廔

症例は4歳の去勢雄の猫ちゃんです。

数日前からトイレに何度も通うが尿が出ず元気も食欲も落ちているとのことで来院されました。各種検査にて、膀胱がパンパンに腫大し硬結しており、ストラバイト結晶により尿道がふさがっている状態でした。さらに、尿が出ないことで腎臓にも障害がでており、血液検査にて腎不全の兆候が認められました。

 

診断:尿道閉塞および腎後性急性腎不全

猫のストラバイト結晶による尿道閉塞は去勢雄に多く認められます。ペニスの先端のところで解剖学的に尿道が狭くなる部分がありここに細かい結晶が蓄積し尿が出なくなります。排尿できなくなると何度もトイレに通ったり、血尿が出たりします。この状態で放っておくと、腎臓にも障害が起き、吐き気や元気・食欲の低下などがみられ、命にかかわる状態に陥ってしまいます。

 

本性症例はなんとか3Frの尿道カテーテル(一番細いもの)を通し、自動的に尿が排出されるように管理をし、2-3日の点滴による内科治療を実施しました。腎臓はすぐに回復していきましたが、尿道の狭窄がひどくカテーテルを抜いてしまうと自力で排尿ができず、膀胱がパンパンになってしまうため(尿閉状態)、外科的治療である会陰尿道廔を実施していきました。

DSCN6619  DSCN6624

尿道を周囲組織から分離し、骨盤部の尿道までしっかり露出させます。問題となるペニス部の尿道は切り取ります。

DSCN6628  DSCN6633

尿道の正中に切開を加え8Frのカテーテル(一番太いもの)がすんなり入ることを確認し、尿道粘膜と皮内を縫合していきます。陰唇を形成するイメージで腹側部は広めに縫合していきます。

DSCN6636 DSCN6637

術後は3日間ほど尿道カテーテルを入れっぱなしにし、入院管理していきました。元気や食欲は問題なく、4日目にカテーテルを抜去し、自力排尿ができたことを確認し退院としました。

 

10日後の抜糸時には元気な姿をみせてくれ、排尿も問題なく、きれいな色のおしっこができているとのことでした。

DSCN6786

DSCN6787  DSCN6788

 

尿道閉塞は緊急疾患です!!!気になる症状がある時は、様子見るのではなくすぐにご相談ください。

よろしくお願いいたします。