IMG_4132

症例紹介 犬の皮下腫瘤

症例は10歳のヨークシャーテリアです。

右の脇腹にできものがあるとのことで来院されました。触診にて、右側腹部の皮下に大きさ1㎝大の腫瘤を認めました。細胞診の検査にて、小型の独立した円型細胞が多数採取されたため、手術にて切除していくこととしました。

IMG_4133  IMG_4134

腫瘤は皮下内深部に一部筋肉と固着しているようであったため、少量の筋肉とともに切除していきました。

病理検査では”リンパ節の慢性化した炎症反応”との結果で、腫瘍を疑う所見は認められませんとのことでした。切除しておしまいです。見た目だけでは良性・悪性・過形成の区別は難しいため組織検査はとても重要です。

IMG_4132

 

気になるできものを見つけたらいつでもご相談ください。よろしくお願いいたします。