IMG_2108

猫の多発性皮膚肥満細胞腫

症例は11歳のMix猫ちゃんです。

頭や両側の肩にできものがあるとのことで来院されました。身体検査にて頭部に1カ所、右肩部に2カ所、左肩に1カ所の皮膚腫瘤が認められました。針細胞診検査にて多数の肥満細胞が採取されました。

IMG_2108 IMG_2111 IMG_2109

診断:猫の多発性皮膚肥満細胞腫

 

飼い主様と相談し、早期に外科的切除を実施していきました。多発する肥満細胞腫の場合、内臓型のものから転移して発生することもあり肝臓や脾臓の評価も必要となります。本症例は術前の肝臓、脾臓の細胞診では特に異常所見は認められませんでした。

IMG-1463  IMG-1462  IMG-1461

両肩部はしっかり取り切れるように、余裕を持って切除していきました。頭部は腫瘤が大きめでギリギリでの切除になりましたが、大きな違和感なく縫合する事ができました。

IMG_3447 IMG_3448  IMG_3449

病理検査:多発性皮膚肥満細胞腫、マージンクリアー

猫の肥満細胞腫は80%は良性の挙動を示すと考えられています。多発はしていますが細胞分裂所見も低いため予後は良好と考えられます。

 

抜糸後の状態も特に問題なく良好に経過していました。

IMG_3632  IMG_3631

IMG_3629  IMG_3630

今後は定期的な皮膚の検診を行っていくこととなります。気になるできものを見つけたときはいつでもお気軽にご相談下さい。よろしくお願いいたします。