IMG_9329

症例紹介 犬の鼠径ヘルニア

症例は9歳のMix犬です。

以前よりあったがここ最近大きくなっており、ピンポン球くらいの大きさになっているとのことで来院されました。身体検査と超音波検査にて両側の内股部に腹腔内の脂肪や子宮が脱出していることが分かりました。

IMG_9360

診断:鼠径ヘルニア(脂肪と子宮の脱出)

鼠径ヘルニアとは、通常は成長の過程により閉鎖する鼠径輪が大きく開いており、そこからお腹の中の脂肪や臓器が飛び出してくる状態です。脂肪の脱出だけではほとんど症状はありませんが、時に腸管や膀胱などの大事な臓器が飛び出してしまうことがあり、この場合は緊急的な命に関わる状態に陥ることがあります。

 

本症例は緊急的な状態ではありませんでしたが、早めに手術を実施していきました。

脱出していた子宮および脂肪を腹腔内に戻し、ヘルニア嚢を結紮・切除し、鼠径輪を閉鎖していきます。同時に避妊手術も行いました。

IMG_9362  IMG_9363

IMG_9365 IMG_9367

術後の回復に問題はなく、次の日には退院できました。

IMG_9349

 

2週間後の抜糸の際には元気な姿を見せてくれました!!再発もなく良好な経過です。

愛犬・愛猫に変わったことがあればいつでもご相談ください。よろしくお願いいたします。